こんにちは!

2019年7月21日の「News Zero」(日テレ)に出演されていた

リーマントラベラー東松寛文(とうまつひろふみ)さんについて調べてみました!

「News Zero」では「休み方研究家」として出演されていました。

「働き方改革」に対して、「休み方改革で幸せになれる!」ということで3つのポイントを挙げられていました。

  1. 休みたくなる趣味を見つける
  2. 先にチケットを予約する
  3. 効率&評価がWアップ!

この3つがそろったことで、幸せになった!とのことです。

ほんとに?と思うでしょうが、実際に東松さんが現在もサラリーマンとして働き続けながら、旅をされているので説得力がありますね!

では、そんな東松さんはどんな人なんでしょうか?

プロフィール

名前:東松寛文(とうまつひろふみ)

年齢:31歳

誕生日:1987年10月24日

出身地:岐阜県羽島市

高校:岐阜高校

大学:神戸大学経営学部

職業:広告代理店

好きなスポーツ:バスケットボール、アメリカンフットボール

職場

広告代理店ということなんですが、どこなんでしょうか?

ご本人曰く、入社3年目までは激務で記憶がなかったそうです。

やはり相当忙しそうなイメージですね。

FaceBookには記載がなかったのですが、「株式会社 電通」ではないかと思われます。

現在は見れなくなっていますが、電通のサイトのキャッシュに東松さんが掲載されたページが残っているようです。

とはいえ、あくまで予想の域を出ないので、確実とは言いづらいところです。

彼女は?

現在独身とのことですが、彼女はいるんでしょうか?

調べたところ、今はいないようですね。

大学時代には彼女がいたそうです。

僕はもともと、旅行にまったく興味がない人生だったんですよ。大学4年間はアメフト部にいて、部活に打ち込んでましたし、卒業旅行も当時の彼女とイタリアに行ったぐらい。

1人旅なんて考えたこともなかったですね

新R25インタビュー記事より

旅先での恋愛などはないのかな?と思うのですが、旅の最中はイベントや人との出会いを楽しんでいる様子が動画などからもわかります。

おそらく、そういった恋愛モードでの出会いになってないのではないかな?と思います。

貯金は?

7年間で58か国123都市を行き来していることと、自身の著書「サラリーマン2.0」にも書かれている通り、『「週末」と「貯金」を使って旅に出た』ということから、かなりお金を使われていると思いますが、貯金はされているんでしょうか?

これもインタビューで答えられていましたが、貯金はほぼないようです。

今、僕貯金1ケタ円しかないんですよ。

新R25インタビュー記事より

なるほど・・・。そうなりますよね。

ただ、東松さんはそれに対して特に悩んでいる様子もないようです。

6月にマカオ(中国)へ出かけられたときの様子がインスタグラムにありました。楽しそうな笑顔ですね!

この投稿をInstagramで見る

先週のマカオ旅の旅程を大公開! * こんな感じで旅をすれば、わずか3日間でも十分すぎるくらいマカオを満喫できます!ぜひ、このルートで3日でマカオにチャレンジしてみてはいかがでしょうか? * ■Day1 7:00 香港国際空港着 7:30 バスでマカオへ移動 <バス> 8:45 マカオ着 <タクシー> 9:30 ホテル(Grand Lapa Macau)着 → 仮眠 11:30 ホテル発 11:45 祥記麵家(麺/えびの卵かけ汁なし麺) <タクシー> 12:30 セナド広場 12:45 聖ドミニコ教会 13:00 TAI LEI LOI KEI PORK CHOP BUN(ポークチョップパン) 13:45 Margaret's Café e Nata(エッグタルト) 14:30 聖ポール天主堂跡 15:00 Coco Legend(ココナッツミルクアイス) 15:15 Pacific Coffee(カフェ) 16:30 モンテの砦 17:00 聖ラザロ教会 <タクシー> 18:00 ホテルのプールで昼寝 <タクシー> 20:45 マカオタワー 21:00 Tromba Rija Macau(ポルトガル料理/ビュッフェ) <タクシー> 22:30 ホテル着→就寝 * ■Day2 8:00 起床→筋トレ&プール <タクシー> 10:30 Lord Stow's Bakery(エッグタルト) 10:45 人気観光地・官也街を散策(インスタ映えスポットたくさん) 11:30 Cheng Chau Chou Kei(カフェ) 12:30 Restaurante Litoral(ポルトガル料理/アフリカンチキン) 13:30 マカオでお買い物しながら世界一周 【イタリア(ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテル)→フランス(パリジャン・マカオ)→アメリカ(スタジオ・シティ・マカオ)】 15:30 ザハ建築を鑑賞(シティー・オブ・ドリームス) <タクシー> 17:00 マカオ芸術博物館で芸術の祭典『Art Macao』のメインイベントを鑑賞 <タクシー> 18:30 ホテルのプールで昼寝 <タクシー> 20:00 Lou Kei(中華/えびの卵かけ汁なし麺) 21:00 マカオの下町・三盞燈を散策 21:30 老虎堂(タピオカ) <バス> 22:30 セナド広場 22:45 恆友魚蛋(カレーおでん) <タクシー> 23:45 ホテル着→就寝 * ■Day3 8:00 起床→筋トレ&プール <タクシー> 10:00 Lord Stow's Bakery(エッグタルト) 10:15 官也街を散策 10:45 老虎堂(タピオカ) 11:00 Joker’s barbershopで散髪予定がお店がOPENせずw <タクシー> 12:00 媽閣廟 12:30 A Lorcha(ポルトガル料理/タコライス) <タクシー> 14:00 バスで香港へ 15:30 香港国際空港着 * @macao_japan #マカオ #アンバサダー #楽しさがとまらないマカオ

東松 寛文|リーマントラベラー・休み方研究家さん(@ryman_traveler)がシェアした投稿 -

まとめ

いかがでしたか?

6月に2冊目の図書「人生の中心が仕事から自分に変わる 休み方改革」が発売され、ますますメディアへの出演も増えていきそうです!

会社員として働きながら、週末は海外へと旅に出かけるスタイルはとても斬新ですし

それによって自分の捉え方が変わると、働き方も変わっていくと仰っていました。

旅でなくても、一人ずつ夢中になれるものは違うでしょうが「働き方改革」と言われているこのご時世だから、東松さんのような生き方もすごく支持されていくんじゃないでしょうか。

これからの活躍が楽しみですね!

スポンサードリンク
おすすめの記事